審査員

最終審査員

嶋 浩一郎 氏(審査員長)

博報堂ケトル 代表取締役社長/編集者、クリエイティブディレクター

コメント
人は企画をする時、自分の得意技や過去のいい仕事を参照しがちです。もちろん、それは仕事の成功確率を上げる賢いやり方だと思います。この〈販促コンペ〉は自分の可能性に挑戦する機会でもあります。いちど、全ての既成概念を取っ払って企画をしてみましょう。状況をシンプルにとらえて、自分が課題解決のために使える道具は何なのかまっさらな状況で考えてみてください。その手があったか! という解決方法が生まれてくるはずです。

石田 琢二 氏

アサツー ディ・ケイ アクティベーション・プロデュース本部 プランニング・ディレクター

コメント
その企画が世の中に出たとき、一人の消費者として、あなたが、ワクワクする企画になっていますか? その商品を買いますか? 人に教えたくなりますか? ただそれだけをシンプルに考えたらいいと思います。世の中には楽しいことがいっぱい。エンタメも世にあふれている。そんな現代において、企業の販促で消費者をワクワクさせることができるのか? はっきり言ってむずかしいです。でも、だから企画はおもしろい! ワクワクする企画お待ちしています!

奥谷 孝司 氏

オイシックス 統合マーケティング室室長 チーフ・オムニチャネル・オフィサー

コメント
最近私が企画を考えるときに気をつけていること。それは「閉じる」戦略です。いかに特定のお客様を偏愛して、えこひいきしちゃうかです。そこに素晴らしいえこひいきと、愛し愛されているさまを作り上げることができるかです。その愛は必ず、まわりのお客様にも影響を与えます。その愛に気づいたお客さまに「扉を開かせるか」。pushではなくpull。お客さまが扉を開けたくなる企画を見せてくださることを期待しております。

岸 勇希 氏

刻キタル 代表取締役 クリエーティブ・チェアマン

コメント
今年も「リアリティ」がキーワードになると思います。「本当に人は動くのか?」という課題解決のリアリティ。「それ実現できるアイデア?」という実現性のリアリティ。ただ面白いだけのアイデアや、実現性をあまりにも無視したアイデアは、なかなか評価されないと思って下さい。もしこれが実際の仕事なら、なぜクライアントはお金を払ってくれるのか? そんなビジネスのリアリティも含め、真っすぐで強いアイデアを期待しています。

吉柳 さおり 氏

プラチナム 代表取締役/ベクトルグループ 取締役

コメント
第9回目を迎え、人を動かす手法が多岐にわたり、とてもレベルが高くなってきています。一方で、賞としての勝ちパターンというのができてきているのか、以前よりきらりと光るオリジナリティ、一目でこれはイケる! と審査員として興奮する企画がちょっと少なくなった気がします。実際の仕事においても実現性を検証したり、クライアントとブランドとの相互性を検証したりしているうちに、一周回ってアイデアがコンサバティブになるというのはよくあることです。勝ちパターンを超えたクリエイティビティのある挑戦をぜひお待ちしております。

児玉 昌彰 氏

大広 東京アクティベーションデザインビジネスユニット カスタマープロモーション局 局長

コメント
今回は幅広いジャンルから27もの課題が用意されています。売り場や利用する場、ターゲットもいろいろ。「販促」という枠を超えた課題が多いです。ここ数年は、協賛企業各社の実際の施策につなげる企画コンペという側面もあり、いままでとは戦い方が変わってきます。実現性を高め、実施のイメージを描いてください。とは言っても夢があり心が躍る企画であることは大前提。企画書の中には採用(受賞)の決め手となる「決める1枚」があります。「なるほど」「こう来たか」と思わせるアイデアは、人へ簡単に説明できるくらいのシンプルさが、分かりやすく光るのだと思います。そして、そのアイデアがさらに輝くようなシナリオを描いてみてください。ことしも心躍る企画に出会えることを楽しみにしています。

藤井 一成 氏

タンバリン代表取締役社長/クリエイティブディレクター、ビジネスプロデューサー

コメント
あなたの構想力で、世の中を大きく動かせるチャンスの到来です。目の前には、そうそうたるブランドのすばらしい商品やサービスが並んでいます。そして、その強大な価値のストックとノウハウのすべてが、あなたの構想の武器となります。あなたが選択した商品が、いまの世の中で、もっともっと「売れるようになる」仕組みを、ぜひ生み出して下さい! 楽しみにしております。

富永 朋信 氏

ドミノ・ピザ ジャパン 執行役員 チーフマーケティング オフィサー

コメント
ホントのホントに解決しなきゃいけないことはクリア? もしそうでないなら、アイデアを考え始めるのはまだ早い。「ふつうに暮らす人」がその企画を知る瞬間を想像できる? それが思わずシェアしたくなった友だちの書き込みで知るという場面なら、なかなか。「!!」という感覚と共に降ってきたアイデアでれば、それは天命を待てるサイン。がんばってください。

桜田 圭子 氏

宝島社 マーケティング課課長

コメント
パッと見て、または一言で、その商品の価値が伝わる企画が一番。普遍的なコンテンツとは、実はシンプルで「わかりやすいもの」なのではないかと思います。またソーシャルメディアだけでなく、やはりリアルな体験を通じて、直接、家族や友だちに話したい! と思ってもらえるような企画が、良い結果につながることが多いです。世の中に新しい価値やマーケットを生み出すような、たくさんの素敵なアイデアを楽しみにしています。

一次審査員

井口 富義 氏

オリコム 企画制作本部ソリューションプランニング局 プロモーションプランニング部

コメント
まずは企業側の「課題」とその背景をしっかりと見つめ、どのように解決へと導いていくか。そのストーリーづくりが「アイデア発案」だと思います。「人を動かす」ことは容易ではありません。手法に執着し手段が目的化しないように。「課題は何で、それをこのアイデアで解決する」そんな思いを込めた企画を期待しています。

石毛 正義 氏

博報堂 デジタルビジネス推進局 エグゼキューションデザインG インタラクティブディレクター

コメント
「思い込みを前提条件としていないか」「対象のブランド/商品で実施する理由があるか」「本当に人に動いてもらえるか」情熱とこだわりを持って問い続け、企画が「一言で伝えられているか」考え抜くことで、まだ誰も見たことのないチャーミングな企画ができあがるかもしれません。がんばってください!

大久保 重伸 氏

博報堂 アクティベーション企画局 アクティベーションプラニング三部 部長

コメント
「実際に顧客が動くか?」というリアリティも考えると、「利用シーンを想起しやすい」「ほかの人に勧めやすい」といった視点でアイデアを絞ると良いでしょう。「ひと目見てその企画の効果がわかる!」といった、分かりやすい一言・一枚絵も大事です。

太田 理奈子 氏

読売広告社 コミュニケーションデザイン統括局 開発推進ルーム ルーム長 コミュニケーションデザイナー

コメント
年々デジタルプロモーションが多くなり、今までにない驚きがある半面、フレームだけでアイデアがないといった施策も多く見られます。自分の心が動くか、半径3メートルの人の心が動くか、モノやサービスが動くか、市場が動くか、客観的な目を持ってチャレンジしてみてください。

小野 泰正 氏

ADKアーツ プロモーションビジネス本部 副本部長 兼 コンテンツ開発本部 チーフプロデューサー

コメント
アイデアってうーんって考えて出てくるものじゃないですよね。大事なのは常に課題を頭の片隅に置いておくこと。ふだんの生活でいつの間にかさまざまな情報がインプットされ、突然パッと課題に結びつくことがあります。その一瞬を逃さないでください。あとは書くだけ!

來住 貴宏 氏

電通 プロモーション・デザイン局 デジタル・アクティベーション部 コミュニケーション・プランナー

コメント
消費者目線でそのアイデアに出会ったときにワクワクするか。ブランド目線でそのアイデアは課題を解決できているか。どちらから発想しても、いったりきたりを繰り返してもよいので、この2つの目線を持つことが大切です。また、企画書は型にはめようとするよりも、ストーリーを語るように書くほうが強い提案になると思います。

小髙 龍磨 氏

グレイワールドワイド クリエイティブ局 シニア アートディレクター

コメント
インサイトの発見、一言で伝わる太いアイデア、そして最後は気合い。企画書にする上では、物凄く長い前書きや、プロモーションの複雑な仕組み作りに頭を悩ますよりも、コアのアイデアがシンプルに伝わっているかどうかに注力した方がいいのかなと思います。

笹垣 洋介 氏

博報堂アイ・スタジオ クリエイティブ部 インタラクティブディレクター

コメント
なぜターゲットがわざわざそれをしてくれるのか? 仕組みにこだわる前に、どんな時に人の気持ちが動くのか、つど立ち返って考えると良いと思います。まだ誰も気づいていない、誰もが密かに持っている欲求がどこかにあるはず。

染野 智 氏

大広 アクティベーションデザイン統括ユニット 東京プロデュース局 第2グループ部長/クリエイティブディレクター

コメント
賞を獲る企画というのは、どう人が動くのか、シンプルに想像することができて、とても「わくわく」します。こねくり回さずシンプルで、企画書が書きたくてしょうがなくなっちゃう、「わくわく」するアイデアが出るまで、考え抜いてみてください。すごいの楽しみにしています。

高丹 佑寿 氏

電通ワンダーマン ダイレクトソリューション部 シニアプランナー

コメント
どの課題にも「販促」というテーマが絡んでくるかと思うので、コミュニケーションターゲットをどう設定し、設定したターゲットの人たちが行動を起こすイメージが持てるアイデアかどうか、という2点が重要視されるポイントとなるのではないかと考えます。

近山 知史 氏

TBWA\HAKUHODO シニアクリエイティブディレクター

コメント
そのアイデアで、どんな風に人が動くのかをリアルに想像してみることをお勧めします。「すごい!」と言うのか?「かっこいい!」というのか? シェアするのか? すぐに買いに行くのか?

津田 裕 氏

マッキャンエリクソン シニアプランニングディレクター

コメント
「人を動かす」と私たちは簡単に言いがちです。でも、本当は人々が自ら動きたくなる企画がよい企画なんだと思います。テクノロジーはあくまで手段。本質は、いまこの時代に生きる人々の心をどうノックするか。あなたの友人が「わ、それ面白い!」と本気で反応してくれそうな企画をお待ちしております。

中里 栄悠 氏

ジェイアール東日本企画 コミュニケーション・プランニング局 プランニング第一部 アカウントプランナー

コメント
アイデア開発の際、求める行動を消費者が取る瞬間をリアルに想像し、そのためにはどうすればいいか?と逆算で発想するのがオススメです。良いアイデアほど「かぶる」可能性があることもお忘れなく。企画書を分かりやすくするのはもちろん、さらに半歩先の提案ができないか、ぜひ考えてみてください。

中原 哲郎 氏

アサツー ディ・ケイ 統合ソリューションセンター第6アクティベーション・プランニング局 プランニングディレクター

コメント
「販促」と言えども、本来の目的は「買って」もらうだけでなく、そのアイデアをきっかけに「使って」みて、「使い続けて」いただくことだと思います。企画開発においては、ターゲットにとって、課題となる商品・サービスに「どんな利用価値があるのか」を魅力的に伝えることを意識してください。

西村 大輔 氏

東急エージェンシー ビジネス創造センター デジタルコミュニケーション局 ソーシャル&PR部 部長

コメント
企画書はデザインやテクニックでなんとでもなります! 大切なのは「インサイトから導き出したコアアイデア」。まずはそこに時間を割いてください。そしてそのアイデアを「最低3人」に見せて感想を聞いてください。自分が心から面白い! と思わないアイデアは、他人の心も動かせません。「1球入魂」なワクワクする企画楽しみにしています!

常陸 義貴 氏

モメンタム ジャパン 戦略開発局 プランニング・ディレクター

コメント
“なんとなく面白いかも”を超えてください。面白いアイデアはあくまで“媒介”です。触れる前と後で、どのように行動が変わるかまで(絶対に変わる! と確信できるまで)をしっかりと考えられていれば、それはきっと“良い企画”なんだと思います。

藤枝 テッド 和己 氏

電通ヤング・アンド・ルビカム ショッパーマーケティング室 室長

コメント
なぜこのような課題で出てきたのか(背景)、解決すべき課題(目的)、課題解決の方針(戦略)、戦略に基づいて企画されるアイデアの全体像、概念(コンセプト)がしっかりとした骨格で、明確に提示され、全体に貫かれていることが重要です。

松重 宏和 氏

ワン・トゥー・テン・デザイン 執行役員/クリエイティブディレクター

コメント
1億総コンテンツ時代の現代において「人が動く」「売上につながる」アイデアとは何でしょう。それは「人々の心に火をつけ、世の中を良くすることができる」アイデアにほかなりません。あなたのそのアイデアは、自分の、審査員の、そしてユーザーの心に火をつけるものになっているでしょうか。ぜひ、その視点でアイデア開発をしてみてください。

森田 章夫 氏

電通 プロモーション・デザイン局デジタル・アクティベーション部 プランニングディレクター

コメント
オリエンをよく読んで、実際に売り場に行ったり、商品を試してみて、生で課題をとらえる、定義することが大切だと思います。その課題を、斜め上のアイデアで解決する提案を楽しみにしています。

山本 伸明 氏

ジオメトリー・グローバル・ジャパン シニアアートディレクター

コメント
アイデアをシンプルにすることがポイントです。すぐれたアイデアは膨大な企画書の量にはならなくて、スッキリ簡潔にまとまるはずです。企画書のページが、何か多いなと思ったら、アイデアをもう一度見直してみてください。